FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
妻子持ちのおじさま 5
Hさんは、ひとしきり私のおっぱいを愛撫すると、服を脱がしにかかりました。


私はHさんが暖めてくれていた部屋の熱さと、自分の体の熱さに、


「早く脱がせて!」


と訴えたかった気分でした。



その間も、Hさんは、


「みなみちゃん、可愛い、可愛い」


を連呼しています。




とうとう、Hさんの前にあらわになった、私のおっぱい。



Hさんは、むしゃぶりつくようにして、私のおっぱいを可愛がってくれます。



チュパチュパと音を立てながら、唇で吸いまくるHさん。



恥ずかしくてたまりませんが、さっき見たソフトエロアニメのビデオで、エロモードに入っている私。



「あんっ! あんっ!」



思いっきり声が出てしまいます。



そして、Hさんが、何度も可愛いと言ってくれたスカートの裾から、手が入ってきました。




「ほんとに、このスカート可愛いね」



そう言いながら、裾から入った手は、もう私の敏感な部分に、触れるか触れないかで離れ、また内腿を撫でます。



「Hさん、恥ずかしいなっ」




「みなみちゃん、そういうんじゃないから。大丈夫」




私はHさんの言う言葉が理解出来ないまま、どういう意味か聞くのも失礼かと思って、聞けずにいました。




気がつくと、スカートはお尻までまくり上げられ、ストッキング越しに、Hさんが内腿を撫で回していました。






続きの前に…↓ワンクリ↓欲しいな。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

続きを読む
【 2008/02/22 22:28 】

| おじさま | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。