FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
妻子持ちのおじさま 12
Hさんは、私を鏡に映しながら愛撫していました。


私は、Hさんのいやらしい姿と、Hさんに虐められている自分の姿に、ますます興奮してしまいました。


Hさんは余裕があるから、そんな私の鏡の表情を見て、笑っています。


それでも、Hさんもだんだん興奮してしまったらしく、鏡を見ながらの愛撫をやめました。


そして、私を抱きかかえながら、ベッドに横になりました。


「みなみちゃん、もっとエッチなことしようね」


Hさんは、私の女の子を指で優しく触れながら、舌で首筋や胸を舐め回っています。


「ぁーんっ、Hさん!!」


「声、たくさん出しても大丈夫だからね」


Hさんの言うことなら、何でも信じてしまう私でした。


普段では考えられないようなスケベな声を出してしまった私でした。



Hさんの舌がついに、私の女の子の近くを愛撫しています。


「みなみちゃん、可愛い女の子、舐めて気持ちよくさせてあげるね」


早く、早くと思いながら、口に出せない私は、Hさんが舐めてくれるのを待っていました。



少し、私をじらしたHさん。


だけど、Hさんも我慢出来なかったみたいで、私の女の子を優しく優しく舌で触れて愛撫してきました。







↓ワンクリ↓欲しいな。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
【 2008/05/24 17:56 】

| おじさま | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<妻子持ちのおじさま 13 | ホーム | 妻子持ちのおじさま 11>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mainichitanoshikuh.blog10.fc2.com/tb.php/17-51b891f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。